桜の絵画制作・販売

プレゼント・ご贈答用に。
結婚式、誕生日のお祝いなどに最適です。

>>詳しくはこちら
桜の木の絵画制作ご依頼 桜の絵画販売 桜の木イラスト制作販売 春の絵画制作・販売 春・桜・菜の花絵画販売・制作


桜以外の絵画制作も承ります。
お気軽にお問い合わせください。
 

ブログカテゴリ

援助お願いします

NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~
新聞紙を送るだけでも
すごく助かるそうです。

カレンダー

検索フォーム

最新記事

ブログカテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

相互リンク

募集中です: メールフォーム
【FC2ブログユーザー用】
絵ココロをリンクに追加する

ブログを探せるランキング

イラスト ランキング 雲の写真 素材 無料
優しいイラスト 絵本 CGイラスト クリック募金
スピリチュアル 幸せになる方法 江原啓之
作り方 イラストブログ
作り方 イラストブログ 描き方・技法
イラストレーター 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学 錦野旦 宝くじ 必勝法
接遇 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界 美輪明宏 江原啓之
子育て応援 教育ブログ 英才教育・早期教育
接遇 子育て・育児

HP

西本まことギャラリー【絵本・絵画・CG・イラスト】

 ギャラリー
 web絵本
 デスクトップ壁紙
 写真
 ワンクリック募金
 リンク
 仕事・絵画制作ご依頼
 メール
*ブログコンテンツではありません
カテゴリ
ジャンルが多岐にわたっておりますのでご活用下さい。 【全記事一覧】
(全記事一覧の不具合を解消いたしました。)
  • (14)
  • (87)
  • (53)
  • (74)
  • (12)
  • (62)
  • (50)
  • (37)
  • (21)
  • (78)
  • (107)
  • (110)
他のブログを探す: イラストレーション ブログ村 心 Airランキング 人気ランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK 『あの人に会いたい』 東山魁夷

NHK『あの人に会いたい』NHK映像ファイル#008
日本画家 東山魁夷 (1999年(平成十一年)90歳没)


1983年(昭和58年)七十四歳のときの映像

 絵を描くということはですね、祈る事だという、気持ちが多かったわけですよね。

 私なんかやはり若いときに絵を描いていましたときには、なんかその絵で人の絵と違う絵を自分で描きたい、なんか珍しい構図や色彩とかですね、そういうもので自分の気持ちをですね表したいという気持ちも多かったわけですから。またなんか展覧会でいい成績をあげたいという気持ちもあったわけです、大変成績があがらなかったわけで。

 ほんとうに自然と自分の心が通じ合ったのはですね、ちょうど戦争の最中だったような気がしますね。
 ある日熊本の城の跡からですね、眺めた肥後平野の風景がですね、大変感動的に見えたわけです、普段ですと見逃してしまうような風景なんですけれども、それがもうほんとに命に溢れて見えましてですね、そういう経験をしましてから、戦後そのときのような気持ちで絵を描こうと思ったわけですね。それはやっぱり自分の心が純粋になってたからだと思うんです。
 欲というものが他力によってなんでけども、拭い去れられていたような気がしますね。


 松尾芭蕉の「静かに見れば物みな自得すといえり」という言葉がありますね。
 静かにというのはやはり心を無にするというか、利害得失を離れてと意味で、そのとき物の生命が見えるという喜びを言った言葉じゃないかと私なりに解釈してるんですけどね。


 こういう木を見てましてもね、これは自分の心が向こうへ投影したときのことなんでしょうけど、木の方から私にいつも何かを語ってるように聞こえる。
 自然の風景の中を歩いてますと、たとえばそこが有名な観光地であってもですね、ぜんぜんそこに観光地らしくないむしろ一隅が、私のほうにここを描いて下さいと言っている。
 こういうところを描こうと思って歩くのではなくてですね、そういう気持ちを捨てて歩いていると、相手のほうからの声が聞こえてくるわけですね。
 向こうから発信音が出てるのだろうと思うのですけど、こちらの機械がですね、あまり雑音ばかり入っていると、また感度が鈍って聞こえないわけですね。それと波長が合ってないといけないわけですね
 両方が一つに結ばれるというのは、両方の生命の源泉が一つだと感じるからだと思うんですね。木は植物で、人間は人間で、生物の中で人間が一番偉いんだという気持ちを持っていたんでは、いつまでたってもですね、発信音は聞こえないですしね、向こうが『生命は繋がっているものですよ』と言ってる声が聞こえない。


 私の絵は色彩の絵が多かったわけですけれども、それはただ感覚的な世界でなく、精神的な世界を目指していたわけですけど、墨絵というのは色というものをなくしてですね、一色で描くということになると、どうしても感覚的な要素が薄れて、精神的な要素が深くなることは確かですね。それは私が望んでいる世界ですね。


 私達の道っていうものはやはり際限の無い道を誰でも歩いていって、途中で期限が切れるわけですけども、その意味でですね、生命というものも与えられたものですから、自分としてはもう少し深い境地へ達したいと思いますし、自分の心がもっと澄んでいたいと思いますし、大きなエネルギッシュなことではなしにですね、小さな仕事でもいいから、やはり心のこもった仕事をできるだけしたいというのが念願ですね。




とても話す言葉が綺麗な、謙虚ですばらしい人でした。

綺麗なものを作り出すには、綺麗な言葉を話し優しく謙虚でいなければならないですね。
(汚い言葉を話し、傲慢でいると、どうしても絵に濁りが入ってくると思います。)



クリック応援よろしくお願いします
にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ

人気ブログランキング
いつもありがとうございます。
みなさんに幸せがありますように
関連記事

++ コメント ++


  


 東山魁夷画伯、絵もお人柄も大好きです。

 「画くことは祈ること、祈ることに上手も下手もありません」
 偉大な画家のこの謙虚な言葉…。感動という前に、ただただ驚きました。

 特に好きな絵は「花明かり」「北山初雪」「年暮る」「唐招提寺襖絵」…

 「道」の製作過程、スケッチ、たくさんの習作、試作、本作品にいたるまでの展示、を見たことがあります。
 感動した景色を、自分の感情と向き合いながら、余計な物をそぎ落とし再構築して、「祈る」ように作品にしていかれた過程を観られたのは、今思うと幸運でした。

絵だけでなく、鋭い感性と豊かなボキャブラリーで書かれた随筆も何冊か読みました。
 
「唐招提寺への道」での文章

「山門は、交響楽の第1楽章のようだ」
いつもモーツァルトの曲を聴きながら、画を描かれていたという東山画伯ならではの、素晴らしい表現だとこれまた感動しました。

 日展で、東山画伯の、周りの画より二周りほど小さな、黒いリボンのついた遺作を観た時は、心からご冥福を祈ってしまった私です。

 私は美術はまったくの素人ですが、美術館や、工芸館などを観るのは大~好きです)

 この日の日記で、西本さんとお近づきになりたいと、メールや書き込みをしようと、思ったのです。




  お返事


自分はまだまだ無学なので、東山魁夷さんのことはあまり知らなかったんです。
画集を一冊持ってる程度でした。
このNHKの番組を見て、人柄を知る事が出来て、とても良かったです!
「絵を描くということはですね、祈る事」
という知恵は、今でもとっても大切にしてます♪

リトミコさんはいろんなことを知っていて博学ですね☆

東山魁夷さんはモーツァルトが好きだったんですね。
昨日ちょうど、「胎児の耳に響くモーツァルト」というCDを借りてきたばかりです♪
今日は音楽をかける暇も無かったので、聞くのが楽しみです(^^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://makotoecocoro.blog57.fc2.com/tb.php/176-121cb0e0

 ホーム 


カテゴリ
ジャンルが多岐にわたっておりますのでご活用下さい。
(全記事一覧の不具合を解消いたしました。)
他のブログを探す: イラストレーション ブログ村 心 Airランキング 人気ランキング

にほんブログ村 イラストブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
スピリチュアル・人生・成功哲学
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。