桜の絵画制作・販売

プレゼント・ご贈答用に。
結婚式、誕生日のお祝いなどに最適です。

>>詳しくはこちら
桜の木の絵画制作ご依頼 桜の絵画販売 桜の木イラスト制作販売 春の絵画制作・販売 春・桜・菜の花絵画販売・制作


桜以外の絵画制作も承ります。
お気軽にお問い合わせください。
 

ブログカテゴリ

援助お願いします

NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~
新聞紙を送るだけでも
すごく助かるそうです。

カレンダー

検索フォーム

最新記事

ブログカテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

相互リンク

募集中です: メールフォーム
【FC2ブログユーザー用】
絵ココロをリンクに追加する

ブログを探せるランキング

イラスト ランキング 雲の写真 素材 無料
優しいイラスト 絵本 CGイラスト クリック募金
スピリチュアル 幸せになる方法 江原啓之
作り方 イラストブログ
作り方 イラストブログ 描き方・技法
イラストレーター 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学 錦野旦 宝くじ 必勝法
接遇 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界 美輪明宏 江原啓之
子育て応援 教育ブログ 英才教育・早期教育
接遇 子育て・育児

HP

西本まことギャラリー【絵本・絵画・CG・イラスト】

 ギャラリー
 web絵本
 デスクトップ壁紙
 写真
 ワンクリック募金
 リンク
 仕事・絵画制作ご依頼
 メール
*ブログコンテンツではありません
カテゴリ
ジャンルが多岐にわたっておりますのでご活用下さい。 【全記事一覧】
(全記事一覧の不具合を解消いたしました。)
  • (14)
  • (87)
  • (53)
  • (74)
  • (12)
  • (62)
  • (50)
  • (37)
  • (21)
  • (78)
  • (107)
  • (110)
他のブログを探す: イラストレーション ブログ村 心 Airランキング 人気ランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久保田カヨ子の脳科学で天才を育てる育児法(金スマ)

中居正広のキンスマ! (TBS、2009年7月3日放送)

今世間を騒がせている脳科学で天才を育てる久保田おばあちゃんの育児方法を大公開SP…番組を見るだけで天才に!?

久保田カヨ子著書 送料無料




【天才を創るうえでもっとも重要なのが前頭連合野】

前頭連合野
人間の総司令部。歩く走るなど全ての行動を司る。
また、「理性の脳」とも呼ばれ、性格や思考もこの部分が決める。

歩き始める一歳半までに急激に発達。
それまでにどれだけ発達させるかによって、一生の脳の働きがある程度決まってしまう。




【天才児を創る育児法】

●天才児を創る育児法 その①
言葉の意味が判らなくても常に話しかける。
音は前頭連合野を強く刺激し、発達させる。
言葉だけでなく、様々な音を聞かせる。
良い音だけでなく、電話の音やパトカーのサイレン、掃除機の音など、なんでも聞かせる。
初めて聞く音に対して脳は強い反応を示す。



●天才児を創る育児法 その②
イナイイナイバーを繰り返す。
イナイイナイバーをするときも、ときどきフェイントなどを織り交ぜながらやると良い。
視線をお母さんに集中し、顔が出てくるのを期待して待つという行為は、前頭連合野を強く刺激する。

「待つ」「期待する」「驚く」など、少し高度な感情も入る。
複合感覚を磨ける。

さらにワーキングメモリという作業記憶を発達させる。

ワーキングメモリとは、人が行動に移るために一時的に保存する記憶。
人間の動作は、記憶して消すことの繰り返し。
ワーキングメモリの一連の動作が速い一ほど、頭の回転が速い。

「いないいないばあ」は、頭の回転を速くする事にも役立つ。



●天才児を創る育児法 その③
子供をあやすとき、おもちゃをゆっくり動かし、目で追わせる。
見たものを認識し、目で追うという行為は、前頭連合野を発達させる。
脳を発達させるにはゆっくり動かす方が効果的。



●天才児を創る育児法 その④
先の事を予測させる。

ボールで遊ぶとき、ボールを転がし、どちらに転がるか予想させる。
ボールを目で追い、手を伸ばして取ろうとすれば、ボールの転がりを予想しているということ。

予測させることで、急速に神経回路の発達を促す。
危機回避能力が高まる。



●天才児を創る育児法 その⑤
赤ちゃん言葉は使わない。
子供が使ってはいけないというわけではない。
お母さんがつかってはいけないということ。

幼児語は正しい言葉に覚えなおす事になる。



●天才児を創る育児法 その⑥
モノを教えるときは同じ方向から。
箸の使い方などは、子供の後ろから手を回してあげ、親が実際にやって見せて覚えさせる。

ミラーニューロンという人の動きを真似する働きをする神経細胞があり、親の正しい行動を繰り返し見せることで、赤ちゃんが覚えることができる。

子供ができないのは、親の教え方が悪いから。




【天才児を育てる子育て術】
ノッチのお子さんの叶望(かなみ)ちゃん。
お母さんは芸術家など文科系、手先が器用な、ピアノなど音楽ができる子に育てたいと相談。


●天才になるヒント その①
「イヤ」「嫌い」という言葉は赤ちゃんの脳にマイナスのイメージを植えつける。

何色かのボールを見せ。
「どれが嫌い?」とは聞かない。
「どれが好き?」と聞く。


●天才になるヒント その②
大人が赤ちゃんの代弁をしすぎると、言葉の喋りだしが遅れる。
例えば、子供が好きな色のボールを選んだとき、「それピンクよ」っと単純な情報だけを伝えてあげる。


●天才になるヒント その③
指を細かく器用に使うことで運動野が刺激され、脳の発達に効果がある。

教え方としては、親が楽しく指を動かしてあげ、それを見せてあげる。
指を組ませたりしてあげて、教えてあげたりする。


●天才になるヒント その④
ストローを使うことで物事を意識して行う力が身に付く。
意識して舌を使えるようになる。
発声や発音をするときの舌の使い方が上手くなる。
滑舌の良さにも繋がる。


●天才になるヒント その⑤
大人も子供も早口で喋ることで脳が活性化される。


●天才になるヒント その⑥
母音の中で出しにくいのは「い」
「い」の段の発音をきちんと覚えることで、言葉の発声がうまくなる。


●天才になるヒント その⑦
ハイハイの姿勢が悪いと、つま先の使い方を脳が覚えず、立ち上がるのが遅くなる。

赤ちゃんには立ち上がるのに最適な時期があり、ガニ股でハイハイしているうちはまだ早いという、股を閉じた状態でつま先をうまく使えるようになれば、綺麗に立ち上がる事が可能。




【賢い子供に育てるコツ】

親が賢く成る事。

しかし、赤ちゃんの時は、親はなんでもすぐれているもの。
お茶碗持つのも、箸を持つのも。

「早いこと親を超えろ」とう意識でやること。





久保田カヨ子さんの他記事
『久保田カヨ子さんの脳科学に基づく子育て・英才教育』
『久保田カヨ子さんの脳科学に基づく子育て・英才教育 その2』
『脳科学おばあちゃん久保田カヨ子の育児相談室』


よろしければ英才教育・幼児教育関連の過去記事もごらん下さい。

●子育て・英才教育一覧●



久保田カヨ子著書 送料無料





スタジオの久保田カヨ子さんは、ニコニコ笑顔がとても印象的な人でした。
VTRでは毒舌な印象が強かったのですが(^v^;)

ちなみに、
自分はあんまり「早口」はオススメしません。
早口でまくしたてると、相手に圧迫感を与えてしまいます。
自分はむしろゆっくりしゃべって、人に安心感を与える人間のほうが良いと思います。
早口で普段喋るのではなく、早口言葉などの練習をするほうが良いと思います。

ゲームもとても脳の発達に良いとおっしゃってましたが、それも個人的にはオススメしません。
たしかにゲームは脳を使いますが、さまざまな危険性をはらんでいます。
もしゲームをさせるなら、親がきちんと規則などを作り、中毒などにならないように気をつけてあげるべきだと思います。
参考過去記事:『ゲームが子供に与える影響』




クリック応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 英才教育・早期教育へ

いつもありがとうございます。
みなさんに幸せがありますように。
関連記事

++ コメント ++

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://makotoecocoro.blog57.fc2.com/tb.php/269-6ee5edcb

 ホーム 


カテゴリ
ジャンルが多岐にわたっておりますのでご活用下さい。
(全記事一覧の不具合を解消いたしました。)
他のブログを探す: イラストレーション ブログ村 心 Airランキング 人気ランキング

にほんブログ村 イラストブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
スピリチュアル・人生・成功哲学
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。