桜の絵画制作・販売

プレゼント・ご贈答用に。
結婚式、誕生日のお祝いなどに最適です。

>>詳しくはこちら
桜の木の絵画制作ご依頼 桜の絵画販売 桜の木イラスト制作販売 春の絵画制作・販売 春・桜・菜の花絵画販売・制作


桜以外の絵画制作も承ります。
お気軽にお問い合わせください。
 

ブログカテゴリ

援助お願いします

NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~
新聞紙を送るだけでも
すごく助かるそうです。

カレンダー

検索フォーム

最新記事

ブログカテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

相互リンク

募集中です: メールフォーム
【FC2ブログユーザー用】
絵ココロをリンクに追加する

ブログを探せるランキング

イラスト ランキング 雲の写真 素材 無料
優しいイラスト 絵本 CGイラスト クリック募金
スピリチュアル 幸せになる方法 江原啓之
作り方 イラストブログ
作り方 イラストブログ 描き方・技法
イラストレーター 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学 錦野旦 宝くじ 必勝法
接遇 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界 美輪明宏 江原啓之
子育て応援 教育ブログ 英才教育・早期教育
接遇 子育て・育児

HP

西本まことギャラリー【絵本・絵画・CG・イラスト】

 ギャラリー
 web絵本
 デスクトップ壁紙
 写真
 ワンクリック募金
 リンク
 仕事・絵画制作ご依頼
 メール
*ブログコンテンツではありません
カテゴリ
ジャンルが多岐にわたっておりますのでご活用下さい。 【全記事一覧】
(全記事一覧の不具合を解消いたしました。)
  • (14)
  • (87)
  • (53)
  • (74)
  • (12)
  • (62)
  • (50)
  • (37)
  • (21)
  • (78)
  • (107)
  • (110)
他のブログを探す: イラストレーション ブログ村 心 Airランキング 人気ランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天才じゃなくても夢をつかめる10の法則 PART2 (詳細内容レビュー)

天才じゃなくても夢をつかめる10の法則 PART2(2010年5月5日(水)放送 日テレ)

自らの人生を輝かせ、夢を掴むための10の法則



パート1はこちら
『天才じゃなくても夢をつかめる10の法則  (詳細内容レビュー)』



夢を掴む方法





【マイケル・ジャクソン】

マイケルジャクソンは子供の頃、マネをするのが得意だった。



マネすることは基本中の基本。みんな真似をするところから入っていく。
脳のミラーニューロンが働いている。
(人間性脳科学研究所所長 澤口俊之)


ミラーニューロン
前頭葉にある、鏡のような働きを受け持つ神経細胞。
社会性や協調性、子供の才能を伸ばすためにも重要と言われている。
脳の中に特別な回路をつくる。活性化(マネ)すればするほど、幼少期に才能は発達する。
音楽の場合は特に顕著。


モーツァルトの父は、最初モーツァルトにピアノを無理やり弾かせようとはせず、お姉さんがピアノを弾いている姿を見せた。モーツァルトがお姉さんのマネをして、弾きたくて弾きたくてたまらなくなってから、弾くことを許した。




マイケル・ジャクソンはソウルミュージックの帝王ジェームス・ブラウンを食い入るように見つめ、あらゆるしぐさまで真似た。


エンパシー(共鳴・共感)
ミラーニューロンが持っている能力。
他人が体験していることを同じように感じる。

マネをすると、人の感情までも鏡のように感じる。

雰囲気までも共鳴・共感の効果がある。
空気が読めるとは、脳が共鳴しているから起こる事。



マイケルは、舞台の上で輝くスターを真似することで、彼らが舞台で感じることを脳の中で共鳴するようになっていた。

また、マイケルは、観客の感情・興奮までも同じように感じていた。
何がうけるかということが、マイケルの脳はわかっていた。



法則1『どんどん人マネをしろ』

才能はそこから芽生える

まずは目標にする人を見つけ、その人の行動や言動を真似てみる。そうすればやがてその人の気持ちがわかるようになり、その場の空気まで読めるようになる。








脳にとって、大好きなものを見て感動することはとてもよいこと。

花など美しいものを見て、美しいと感じるまではわずか0.2秒
これは見てから判断しているからではない。
脳が勝手に判断している。
脳は美しいものを記憶として蓄積している。
見たものとその記憶を照らし合わせているので、素早く判断できる。

感動すれば脳に記憶される。

大好きなものや奇麗なものをできるだけたくさん見て、たくさん脳に記憶させると、それだけ脳の判断力が高まり、美意識や才能は磨かれる。



法則2『心ふるわすモノを常に探せ』

才能は学歴や知識の量ではなく感動の量で決まる。

机の上で勉強しているだけではダメ。

ほとんど学校にいけなかったマイケルが成功したのは、この感動の量が秘訣だった。






マイケルが二十歳のとき、尊敬できる人物と出会った。
作曲家&音楽プロデューサー クインシー・ジョーンズ



脳科学では、20歳代前半の脳が極めて重要だとわかってきた。

20歳代前半で、尊敬できる人で出会い、共鳴・共感すると、脳の形が変わるほどの影響を受ける。

脳(大脳皮質)が厚くなり、神経回路が発達する。


人間は出会った人と良い人間関係を持つと、大脳皮質が厚くなる。20歳代前半に極端に現れるが、高齢の人でもこのことは起こる。

人との出会いはとても大切。



さらに才能のある人と出会い、いいものを吸収し、いいものを引き出せる。


20歳代前半の時期に特に脳が発達するのは、社会性。人間関係や想像性。





マイケル・ジャクソンが始めてムーンウォークをやった夜
一人の少年が問いかけました。
「ねぇ一体誰があんなダンス教えてくれたの?」
マイケルは少し笑いながら
「練習さ、多分ね。」












【高橋大輔】
様々な試練にどう立ち向かったのか


試練① 敗北

高橋大輔は、勝つ事への執着心が抜けていた。
8位という不本意な結果にも敗北感を感じなかった。


高橋大輔の考え方を変えた出来事。
それはトリノオリンピックでの、荒川静香の金メダルだった。

高橋と荒川は同じモロゾフコーチのもとについていた。
高橋と荒川は以前から仲が良く、行動もともにしていた。

オリンピックから帰国した時、
大勢の人に囲まれ、光り輝く中の荒川静香。
しかし高橋は誰からも見向きもされない。

そこで味わったのが、悔しさ、羨望、嫉妬。
始めて味わった敗北感。

自分の負けず嫌いの性格に気付き、金メダルを意識した瞬間だった。



悔しいと思うと、前頭眼窩皮質が活動し、決断力が高まり、計画性がでてくる。
「やらなければ」という思いが強くなる。




二十歳前後に感情を司る脳領域が完成する。
このときに悔しい思い、大きな失敗を経験すると、脳が変わり前向きに成る。


身近な人が報酬を得ると、自分が得た時のイメージが増す。
悔しさが強まる。

ライバルが絶対必要。




法則3『とことん悔しがれ!』

競争は人を強くする。

このとき周りの人もぜひやってほしいことがある。
それは「一緒に悔しがる」こと。
脳は共鳴現象を起こすので、一緒に悔しがること。
変に助言しなくて良い。


例えば子供が運動会で負けた場合、一緒に悔しがるだけでよい。
なぐさめたり、アドバイスしたりは不要。かえってやる気を失ってしまう事もある。





高橋は荒川と自分の違いを見つめた。

妥協を許さず猛練習をする荒川。
ただ練習あるのみだと思った。

試合で経験をつみ自信つけることも大事。



「こんなに練習してるのは自分しかいない」
そう思えるほど練習を積んだ高橋は、
大きな大会でも自信を持って立っている自分に気付いた。


気弱な高橋に
練習量がゆるぎない自信をもたらした。



こうして高橋は、2007年世界選手権銀メダル獲得



試練② アクシデント
2008年10月 右ひざの前十字じん帯断裂 半月板損傷

オリンピックまでわずか1年4ヶ月
高橋は手術にのぞんだ。

2009年の全ての試合を決定。

そして厳しいリハビリが始まった。

単調で苦しいリハビリの中、
本当にもとの身体に戻れるのか、
オリンピックに出られるのか、復帰できるのか、
不安が容赦なくのしかかった。
さらにライバル達の活躍もプレッシャーになっていった。


リハビリ開始から2ヶ月、高橋はつらいリハビリに耐え切れず、失踪してしまった。


結果的にこの失踪が脳に良い影響を与える事に。

脳が変調をきたして、疲弊している時は、頑張ろうとしても無理。
逃げられる時は逃げた方が良い。

脳にストレスがたまるのは同じ事を考え続けている時。
不安になることを考え続けていると、脳の思考はその同じ回路しか使わなくなる。

逃げる。つまり環境を変えることで、その回路を使わなくなり、ストレスの源から刺激をうけなくなるので、脳は楽になる。



法則4『つらいときには逃げろ』

(逃げぐせが付くのは良くない)




ただし今度は、逃げた事への罪悪感という新たなストレスが生まれる。

このストレスには、周りの人の対応がとても大切。

ぜったいに叱ってはいけない。
周りの人が優しく受け止めてあげることで、ストレスが全て取り去られ、脳がリセットされ、またがんばろうという方向へ向く。





脳へのストレスがたまっているかどうかのシグナルを見つけ、周りの人が見極めてあげる事も大事。
シグナル
・今まで楽しくやっていた事をやらなくなる
・眠れなくなる
・苦しい辛いを口に出す。

こんなとき、励ます言葉「がんばれ」などは絶対に言ってはいけない。

対応の仕方
・優しく受け入れる
・どうすればよいかよく話し合う。






高橋は再びリハビリを開始した。

そして怪我をする前にもまして、柔軟性や筋力をつけることができた。


2009年全日本選手権 優勝






高橋選手が4回転ジャンプで行っていた練習は、

4回転ジャンプが失敗したそのあと、どう立て直すかと言う、失敗を前提にした練習に取り組んだ。



大切な事は、いろいろなパターンを脳に準備させておくこと。

脳は想定外の事がおこると、すぐに混乱するが、あらかじめ想定しておくと、対応も可能になる。




法則5『あらゆる失敗を想定しろ』

それがプラス思考に繋がる。




ぜったいにやらせていけないのが、

想定していなかったことを、突然やらせること。

脳が混乱して失敗してしまう可能性が高まる。











【岩崎弥太郎】
三菱財閥創始者


集団での意思決定は落とし穴がある。
集団の人数が多くなればなるほど、個人の発揮できる能力は低下し、決断の質が下がる。
社会的手抜き・・・決定するのは自分じゃない、失敗しても他人のせい。
(英国ハートフォードシャー大学 リチャード・ワイズマン博士)


法則6「いざと言う時は独断で決めろ。独断こそが独創的なアイデアを生む」



弥太郎は会社のため、国のためという高い志があったからこそ成功した。

私利私欲の独断は、独裁となり、最悪の結果を招く。













【益川俊英】
ノーベル物理学賞受賞



脳には統一・一貫性という癖がある。
脳は考え行き詰ってしまうと、一つの考えに縛られてしまう。
そんんときは、一度考える事をやめてみる。
そうすることで、いらない情報が消え、新しい考えやひらめきがおとずれる。

(医学博士(脳神経外科)日本大学大学院教授 林成之)




益川さんの場合は、一瞬で統一・一貫性がはずれたが、
通常、統一・一貫性が外れるには4日かかる。

いきずまったら、考えるのをやめ、4日後にふたたび考えると、思わぬアイデアやひらめきが生まれる。




法則7『たとえ考え抜いたアイデアでも捨てる勇気を持て!』










【森光子】

・地道な下積み時代

通行人などの役をやるときは、恥ずかしく、顔を映されたくないので、いつも下を向いていたそうです。

ある日、試写で始めて自分の後ろ姿を見たとき、森さんは思いました。

「うわぁみっともない。私ってこんな歩き方をしてるんだ・・・」

不満ばかりで、やる気の無い演技。負のオーラを放つそのままの自分が映っていました。

「これじゃぁ役はもらえないなぁ。これからが修行だと思いました。」





・太平洋戦争の時代

慰問団の歌手として多くの戦地を訪れる。

コレラが発生し、約1ヶ月の隔離生活。海軍の元、収容所のような生活。

順番に回ってくる、「室長」という海軍への報告役がありました。
細かい報告書を書き、重い水の入ったやかんを持ち、暗い夜道の中、何キロも離れた先に、歩いて行かなければなりません。
みんなが嫌がる役でした。

しかし森さんはそんな役目の中でも、こう考えました。

「皆が敬遠する役回りでしたが、わずかな自由もありました。見上げれば南十字星が輝き、もう満天の星です。
室長になって夜空をあおぐつかの間の自由が、私は大好きになりました。皆が嫌がっているこの仕事がとても素敵に思えてきたのです。
(自伝「人生はロングラン」より)



この「気持ちの切り替え作業」が夢を叶える上で重要。
(臨床心理士横浜国立大学准教授 堀之内高久)

リフレーミングという方法
物事に対するプラスとマイナスの見方。


例えば、喉が渇いているときに、半分水が入ったコップがあった場合。
マイナスの見方:もう半分しか水がない。
プレスの見方:まだ半分も水がある


例えば、仕事のできる同僚がいるとき。
マイナスの見方:地位を脅かす敵
プラスの見方:互いに向上できるライバル


このように、物事を前向きに見方を変えることが重要。


森さんの場合、室長という役割を
マイナスの見方:責任が重く損な役回り
プラスの見方:美しい星空を眺められる役得





棋士 羽生喜治
「人間には二通りある。不利な状況を喜べる人間と喜べない人間だ。」

実業家 ジョン・ロックフェラー
「私は災難の起きるたびに、これを良い機会に変えようと努力し続けてきた。」




戦時中、森さんが憲兵に隠れながら夢中になって読んだ本
「風とともに去りぬ」マーガレット・ミッチェル著(三笠書房 刊)

主人公のスカーレット・オハラが逆境の中でつぶやくセリフ
「明日は明日の風が吹くわ」



終戦後
そのセリフを胸に、森さんは声がかかればどこにでも、歌だけでなく、シリヤスな芝居からコメディまで行きました。




・肺結核(29歳)
母を死においやった病、肺結核にかかってしまいました。

長期の療養は、たとえ命が助かったとしても、芸能の世界では死を意味しました。

「無理に無理を重ねた結果でした。もう二度と仕事には復帰できないだろうとの診断だったそうです。」
(自伝「人生はロングラン」より)


ところが、療養生活に入る前の森さんの写真。
その顔に悲壮感はなく、笑顔はまるで復帰を確信してるかのようです。


「療養中はラジオだけが友達です。歌番組、ドラマ、演芸番組、なににでも耳を澄ましました。」
(自伝「人生はロングラン」より)


長期の療養中、森さんはいつ復帰してもいいように、時の流行を取り入れ、勉強していました。





・復帰
昭和27年。二年間の療養を経た後。

森さんはもうすでに過去の人となっていました。

しかし森さんは決してあきらめません。
断られても、めげずに売り込んでいきました


その結果、徐々にテレビ出演も増えていきました。


まだ生放送しかなく、アドリブのきく森さんは重宝されました。
脇役女優として自らを磨き続けた演技
歌手としてのレパートリー
漫才で磨いたアドリブと笑いのセンス

一見回り道に見えたこれまでのすべての仕事がそのとき活きて来たのです。

(参考過去記事:
『偶然でない偶然の一致 (必然、共時性、シンクロニシティ)』
『日常から学べる事 『人生に無駄なことは一つも無い』』
『人生に失敗はない。無駄はない。 江原さんの言葉』



人気劇作家・菊田一夫の目にとまり、その舞台を踏む事に。
その偶然の出会いが森さんの人生を大きく動かしていく事になります。



森さんは菊田さんに。君は脇役しかないと言われました。

ここでも森さんは
「脇役を主役に負けないくらい輝かせてやろう」



そしてついに森さんが主役の時が。

森さんが脇役を演じた役を主役にし、舞台をすることに菊田は決めたのです。




人生の様々な困難にもけっしてあきらめず、41歳という遅咲きの花を咲かせる事ができたのも、
壁にぶつかるたびに常に気持ちを前向きに切り替えて、夢に突き進んだから。




法則8「人生を劇的に変えるリフレーミングの技を身に付けろ」





昭和36年 「放浪記」初演 41歳

昭和56年 500回公演 61歳

平成2年 1000回公演 70歳

平成21年 2000回公演 89歳



しかし一口に2000回と言っても、毎回同じ台本の舞台をかれこれ50年近くも続けてきたのです。壁が全く無かったわけではありません。

あるとき森さんは、舞台上で他のことに気をとられ、上の空でセリフを言っていました。
ハッとわれにかえり、後で周りの人にたずねてみると、普段どおり言っていたといいます。
それを聞いて森さんはぞっとしました。

「からっぽの芝居に慣れてしまっていたのです。役者にとってこれほど危ないことはありません。長く上演することは、すなわち自分との闘いなのです。」




三日坊主という言葉があるように、人間にとって同じ事を繰り返し続けることが、いかに難しいか。

三日坊主を克服する方法

目の前の達成できそうな目標を追求することが、人間が一番力を発揮できる仕組み。


ダイエットの場合、10キロ減量して奇麗になるという大きな目標を達成するには、日々達成できる小さな目標が必要。

達成可能な小さな目標をクリアして、脳に喜びというご褒美を与え続けることで、三日坊主にならず、目標をあきらめずに続けることができる。





イチロー選手の言葉
「夢をつかむことというのは、一気にはできません。
ちいさなことを積み重ねる事で、いつの日か、信じられないような力を出せるようになっていきます。」

『夢をつかむイチロー262のメッセージ』より)





何かに向けて頑張っている時、「ゴールだ」「勝った」「達成した」など意識してしまうと、モチベーションが下がるので注意。

(参考過去記事:『脳に悪い3つの習慣 簡単に脳の力を発揮する方法 & 11の脳活ポイント』


例えばダイエットなどで、10キロ減などを目指し、それに到達した時、気が緩み暴飲暴食などをしてしまったりする。
それを防ぐためには、10キロ減量を通過点と考え、すぐに次の目標を決めると良い。



森光子さんは放浪記を続ける上で、特に目標は定めておらず、
毎回舞台が終わる度に、次はここをもっと良くしよう、次はこう演じてみようといつもフレッシュな気持ちでのぞんできた。




法則9『毎日できる小さな目標を作れ。それが大きな夢の達成につながる。』











偉人達から贈る言葉


ウォルト・ディズニー
「どうすれば夢を実現できるかと尋ねられます。その答えは”自分でやってみること”です。」


岡本太郎(芸術家)
「挑戦した上での不成功者と、挑戦を避けたままの不成功者では、まったく天地のへだたりがある。」


アルバート・アインシュタイン
「一度も失敗をした事がない人は、何も新しい事に挑戦した事が無い人である。」






法則10『今すぐ夢への一歩を踏み出せ』






夢を掴む方法








パート1はこちら
『天才じゃなくても夢をつかめる10の法則  (詳細内容レビュー)』



クリック応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
みなさんに幸せがありますように。

天才じゃなくても夢をつかめる10の法則 PART2 放送内容・動画・詳細レビュー
人は誰でも、限りない未来と可能性を持っています!第二段。そして、誰でも夢をつかむことが出来るのです!PARTⅡ
限りない未来を夢見るアナタ、もし成功をつかむことに、ある法則があるとしたら・・・
この番組では、《夢をつかんだ人物》の人生を紐解きながら彼らを成功へと導いた「教育法」「発想法」「勝負力」等、日本の第一線の叡智(ブレイン)が多方面から分析を行い、夢をつかむための「10の法則」を探ります。
天才じゃなくても夢をつかめる10の法則 パート2 出演者
武田鉄矢 ベッキー 羽鳥慎一(日テレアナウンサー) スタジオゲスト 高畑淳子 古田敦也 勝俣州和 小泉孝太郎 坂下千里子 鈴木紗理奈 
関連記事

++ コメント ++

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://makotoecocoro.blog57.fc2.com/tb.php/520-8580b189

 ホーム 


カテゴリ
ジャンルが多岐にわたっておりますのでご活用下さい。
(全記事一覧の不具合を解消いたしました。)
他のブログを探す: イラストレーション ブログ村 心 Airランキング 人気ランキング

にほんブログ村 イラストブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
スピリチュアル・人生・成功哲学
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。